革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

大豆の栄養素+ファイトケミカルの相乗効果ですごい力が

栄養バランスの良い日本食は日本人の長寿の要因ではないかと言われ、諸外国で注目・研究されています。

昔から好んで食べられてきた日本食には、お米や魚、
大豆などさまざまありますが、中でも大豆にはたくさんの栄養素が含まれています。

乾燥大豆の約30%はたんぱく質で、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
たんぱく質の他は、炭水化物や脂質、食物繊維、カリウムやカルシウム、
マグネシウムに鉄、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸など多種多様な栄養素が含まれているのに、
コレストロールを一切含まないことも自然に存在する最もバランスのとれた栄養食ともいえます。

そして、なによりも注目されているのが大豆イソフラボンで、近年特に女性に人気の成分です。
イソフラボンには抗酸化作用があり、生活習慣病や骨粗しょう症の予防や、
アンチエイジングに効果があると注目されています。

第7の栄養素と呼ばれるファイトケミカルとは、
主に果物や野菜に多く含まれる栄養素以外の成分のことを言い、
植物の作り出す科学物質のことを言います。
色素や苦味成分、香りなどに含まれている赤ワインに含まれていて、
ポリフェノールやトマトの色素に含まれるリコピンなどがあります。
そして、このファイトケミカルも生活習慣病の予防に効果があるとされていますので、
野菜や果物を効果的に摂取することが推奨されています。

実は大豆に含まれるイソフラボンやサポニンもファイトケミカルであることがわかってきました。
大豆に含まれるたんぱく質や脂質には悪玉コレストロールを減らす働きがありますが、
同じようにイソフラボンなどのファイトケミカルにも中性脂肪を減らして血圧を下げると言う働きがあります。

ですので大豆には、大豆に含まれる栄養成分やファイトケミカルが相乗効果を発揮して、
心筋梗塞などの生活習慣病の予防に最も適した食品と言えるのではないでしょうか。