革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

強い抗酸化作用や免疫力を高める効果が注目されているイソフラボン

女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンは、
お肌に張りや美白効果をもたらせたり美容効果が期待できる他にも、
生理不順や乳がんの発生を抑制するなど、
特に閉経後や更年期の女性に効果的な成分と言えます。

それはイソフラボンには抗酸化作用があり、
身体のサビの原因となる活性酸素を除去する効果があり、
免疫力をアップさせるという研究結果が出ていて注目を集めています。

女性に人気のある成分であるイソフラボンは、
実は男性の前立腺肥大や前立腺がんなどの予防にも効果が期待できます。
また、イソフラボンは育毛効果もありますので男性にも嬉しい成分といえます。

<イソフラボンの効果>
・更年期障害の緩和
・カルシウムの溶け出しを抑制、骨粗しょう症の予防
・女性ホルモン低下によるお肌の衰え(シワやシミ、たるみなど)の予防・改善
・ホルモン不足による免疫力低下の改善
・前立腺がん、乳がん、子宮がんの予防やリスクの低減
・血中コレストロールの軽減、動脈硬化の予防
・血中アルコール値を下げて悪酔い、二日酔いの予防
など。

免疫力を高めることも期待できるイソフラボンですが、
イソフラボン以外に免疫力を高めると知られている食べ物にはニンニク、梅干があります。
ニンニクの有効成分は熱に弱いので、できる限り生のにんにくを食べたほうが良いですが、
生のニンニクの辛味はなかなか強く、梅干ではすっぱさ、
イソフラボンが含まれる納豆はねばねばが苦手と言う人も少なくありませんので、
それらがデメリットと言えるでしょう。

イソフラボンはそれだけでは独特の苦味がありますが、
豆腐など食品として摂取する分には苦味を感じることなく美味しくいただける成分となっています。

ニンニクは生のすりおろしが苦手であれば、
たまり醤油で食べるとニンニクの辛味もなくなるのでお子さんにも楽に食べていただけることができ、
梅干はもちろんそのままでも効果はありますが、実は少しこげ色が付く程度に焼くと更に効果が増します。

そしてイソフラボンが多く含まれる納豆ですが、
しっかりとネバネがでるまで混ぜてあげることで、より効果があがると言われています。

イソフラボンが生活習慣病の予防になることも紹介しましたが、
予防だけでなく保険も検討することをおすすめします。
学資保険のタイプ別比較もご覧ください。